室瀬 和美

蒔絵螺鈿小箪笥「青松」 マキエ

  • 漆芸
  • 2006年発表
  • 高さ19.1 x 幅15.8 x 奥行29.8 cm
  • 非売品

蒔絵とは、漆で文様を描き、その漆が固まらないうちに金粉を蒔いて、文様を表す技法。その中でも研出蒔絵は、奈良時代から連綿と続く最も古い蒔絵の基本技法で、作家が得意とするものである。本作品では特に側面に描かれた老松の幹に注目していただきたい。古木の質感を出すために、作家自ら金塊を鑢ですり下ろして作った、古式の粉を用いている。整えたり加工していない粉のため、粒子のひとつひとつが主張し、樹皮のゴツゴツとした雰囲気が良く出ている。その他にも蒔絵、螺鈿共に見所が多い本作品の制作には、約2年を要している。

分野 漆芸
発表年 2006
サイズ 高さ19.1 x 幅15.8 x 奥行29.8 cm
展覧会 第53回日本伝統工芸展

人間国宝(重要無形文化財保持者) 室瀬 和美 Kazumi Murose

写真:室瀬 和美

研出蒔絵、高蒔絵など各種の蒔絵技法を高度に体得し、広範で精緻な蒔絵技法を駆使する作品は、気品と風格を備えたものとして高く評価されている(認定時の評)。従来の古典的な金と黒のモノトーンに色彩を取り入れた現代的な蒔絵表現に特色がある。