浅井 康宏

蒔絵玳瑁宝石箱「光の道」 まきえたいまいほうせきばこ「ひかりのみち」

  • 漆芸
  • 2012年発表
  • 高さ11.8 x 幅27.4 x 奥行12.1 cm
  • 販売済

光のを具象化をテーマにした作品。
光はすべての生命の源である。1点の光源から発せられるエネルギーと、多角の箱形状の中に現代のスピード感を表現した。

分野 漆芸
発表年 2012
サイズ 高さ11.8 x 幅27.4 x 奥行12.1 cm
展覧会 第59回日本伝統工芸展
受賞 日本工芸会新人賞
取り扱い方法 汚れた場合はやわらかいスポンジで洗い、水気をふき取ってください。
漆器は紫外線に弱いので、直射日光を避けて、使用しないときは桐箱に収めていただけると作品は良好な状態を保ちます。
備考 箱付き

浅井 康宏 Yasuhiro Asai

写真:浅井 康宏

研出し蒔絵を中心に高蒔絵や螺鈿など多彩な素材・技法を駆使して作品制作を行う。蒔絵の伝統技術に真摯に向き合い、その上で現代的な意匠感覚を常に意識することで、時代の空気を未来に伝えることができると考えている。