鈴木 美基

備前四方皿 ビゼンヨホウザラ

  • 陶芸
  • 2008年発表
  • ¥440,000

    ギャラリージャパンでの作品の価格は、作家が自ら決めた価格をそのまま掲載しています。

    ※ 税込み・送料別

分野 陶芸
発表年 2008
展覧会 第51回日本伝統工芸中国支部展
受賞 岡山市長賞

  • 備前焼

    備前焼は、岡山県備前市周辺でつくられている焼締陶器です。釉薬がのりにくい性質のヒヨセと呼ばれる粘土を使い、釉薬を使わずに高温で長時間焼き締めるため、土そのものの味わいが生かされたやきものに仕上がります。窯への詰め方や焼成時の炭や灰などの工夫により変化に富んだ模様が生み出され、ひとつとして同じ陶器にはならないことが魅力です。

鈴木 美基 Miki Suzuki

写真:鈴木 美基

備前焼は須恵器の流れを汲み、古代から現代に続く伝統工芸として、現在も脈々と受け継がれています。ゆえに、新しい作風は中々受け入れがたいという風潮もありますが、私は『伝統は革新である。』と思っております。100年後にはこの作品が、伝統になる事を信じ、今後も作陶を続けていきたいと思っております。