萩野 紀子

鍛矧合線の壺 タンハギアワセセンノツボ

  • 金工
  • 2020年発表
  • 高さ24.7 / 径23.5 cm
  • 販売済

分野 金工
発表年 2020
サイズ 高さ24.7 / 径23.5 cm
展覧会 第67回日本伝統工芸展

  • 接合せ・矧合せ(はぎあわせ)

    矧合せとも書き、パッチワークやストライプのように、違う金属の板をくっつけてたたき、形をつくります。

萩野 紀子 Noriko Hagino

写真:萩野 紀子

線をテーマに作品を作っています。同じ巾の線が形によって変化して見える。又、形によって線の巾が違って来る線の動きのおもしろさを金属の色のバランスを考え矧合せした作品にしています。そしてその作品の中につち目を入れる事で、緊張感の中にもやさしさを、金属でありながら暖かさを感じるよう心がけて作っています。