中村 佳睦

截金飾筥「滔滔と」 きりかねかざりばこ「とうとうと」

  • 截金
  • 2020年発表
  • 高さ16.2 x 幅24.0 x 奥行10.0 cm
  • 非売品

分野 截金
発表年 2020
サイズ 高さ16.2 x 幅24.0 x 奥行10.0 cm
展覧会 第67回日本伝統工芸展
受賞 日本工芸会奨励賞

  • 截金

    もともとは仏像などを美しく飾るための技法でしたが、現代では飾箱等の工芸作品がつくられています。
    截金作品のつくり方は、まず、金を薄く紙のようにのばしてつくる金箔を、炭火で焼いてはり合わせ、厚みを出します。はり合わせた金箔を竹の刀で線や四角・三角などに細かく切ります。
    筆を使い、模様の形に金箔をはって完成します。