中尾 恭純

四方襷文彩色象嵌壺 よもだすきもんさいしょくぞうがんつぼ

  • 陶芸
  • 2019年発表
  • 高さ32.5 / 径36 cm
  • 価格はお問合せください

分野 陶芸
発表年 2019
サイズ 高さ32.5 / 径36 cm
展覧会 第66回日本伝統工芸展

中尾 恭純 Yasuzumi Nakao

写真:中尾 恭純

彩色像嵌は端正な磁肌の上に、筆ではだせない繊細な線文様を出す為に極小刃物を使ってのカットによる磁器像嵌です。生地がやわらかいうちに切り込み文様を入れていき、ロウを用いて際止めを施し顔料を埋め込んでいく。一色ごとに、ロウを焼き切りそれを繰り返しながら仕上げる技法。点刻像嵌は磁肌がやわらかいうちに木線針を使って表面に点彫を施し顔料をすり込む技法。