久保田 烈工

白磁流線文壺 ハクジリュウセンモンコ

  • 陶芸
  • 2019年発表
  • 高さ28.3 / 径36 cm
  • 価格はお問合せください

分野 陶芸
発表年 2019
サイズ 高さ28.3 / 径36 cm
展覧会 第66回日本伝統工芸展

  • 白磁

    白磁は、陶磁器の原料になる岩石を粉にしてできた白色の粘土に透明な釉薬をかけてつくります。中国・宋時代の代表的なやきもので、日本でも江戸時代初頭から九州の有田地方で制作が始まりました。色絵や染付の素地としても用いられています。

久保田 烈工 Rekko Kubota

写真:久保田 烈工

ロクロ形成を基本として表面に彫刻文を施し曲線の柔らかい形の壷や鉢、シャープな線と面を使って角物の現代的な磁器の造形を表現。独特の清々しさや凛とした印象の白磁、青白磁を制作