鈴木

緑釉花器 リョクユウカキ

  • 陶芸
  • 2018年発表
  • 高さ8.0 x 幅41.0 x 奥行36.5 cm
  • 販売済

新芽が萌出る際の力強さ、瑞々しさを思いながら制作した。見込みにたまった釉薬のきれいさを見ようと考えてこの形が生まれて来た。
ロクロで丸い形を成形後、押さえつけて楕円にしているのだが、焼成の際に形が歪んでしまうので、何点も制作したものの、納得のいくものが焼きあがらなくて苦労した

分野 陶芸
発表年 2018
サイズ 高さ8.0 x 幅41.0 x 奥行36.5 cm
材質 陶器 緑釉
展覧会 第65回日本伝統工芸展

鈴木 Tetsu Suzuki

写真:鈴木 徹

私の作品には、織部の釉薬が掛っていますが、敢えてその作品を緑釉と呼んでいます。 何故なら、いままでになかった緑色の釉薬の掛ったやきものを作りたい。織部という範疇では語ることのできないような作品を作りたい、美濃という狭い地域を超えた仕事をしたい、そんな思いからです。