中田 一於

淡桜釉裏銀彩葉文鉢 タンオウユウリギンサイヨウモンハチ

  • 陶芸
  • 2018年発表
  • 高さ11.5 / 径51.5 cm
  • 販売済

銀箔を使って細かい仕事をしてみたくて葉文を試みてみました。小さな葉っぱの塊を鉢の三箇所に配置し、動きが出るように葉文を回転してみました。表面に施す淡桜釉と銀箔の文様が相まって優しい雰囲気の作品に仕上がっている。
技法:釉裏銀彩

分野 陶芸
発表年 2018
サイズ 高さ11.5 / 径51.5 cm
展覧会 第65回日本伝統工芸展

中田 一於 Kazuo Nakada

写真:中田 一於

「釉裏銀彩(ユウリギンサイ)」 磁器の生地に、銀箔を様々な文様に切って貼り付け焼成を繰り返し、 最後に釉薬を施して焼成する。 下に貼り付けた銀箔の文様が釉薬を透かして見え、独特の発色をする仕事のやきものである。