小倉 淳史

絞り染訪問着「緑影の迹」 しぼりぞめほうもんぎ「ろくえいのあと」

  • 染織
  • 2018年発表
  • 価格はお問合せください

分野 染織
発表年 2018
展覧会 第65回日本伝統工芸展
受賞 文部科学大臣賞

  • 絞り染

    絞り染とは、裂(きれ)を糸で括る、縫い締める、折りたたむといった方法で、染まる部分と染まらない部分をつくり模様を染める技法です。友禅染は模様を描いたり塗ったりして染めるのに対し、絞り染は染色液にひたして染めます。染まらなかった部分は白く残り、にじみやぼかしが出るのが特徴です。 絞り染は日本最古の染色技法で、現在にも100種ほどの技法が伝わり、鹿の子絞り、縫い締め絞り、帽子絞りなどが有名です。

小倉 淳史 Atsushi Ogura

写真:小倉 淳史

1枚の裂に色と白を染め分ける技が絞りです。 日本では千数百年もの古くから行われています。 色と白はそれぞれ相関し、色は白を美しく輝かせる為、又白は色を美しく感じさせる為にあります。 単に染まっていない所が白ではありません。 色と白は互いに共鳴し、文様の形と相まって美しい作品になります。 私の作品は全て絞り染で制作しています。