山本

截金硝子蓋物「掬月」 キリカネガラスフタモノ「キクゲツ」

  • 截金
  • 2017年発表
  • 販売済

分野 截金
発表年 2017
展覧会 第64回日本伝統工芸展

  • 截金

    もともとは仏像などを美しく飾るための技法でしたが、現代では飾箱等の工芸作品がつくられています。
    截金作品のつくり方は、まず、金を薄く紙のようにのばしてつくる金箔を、炭火で焼いてはり合わせ、厚みを出します。はり合わせた金箔を竹の刀で線や四角・三角などに細かく切ります。
    筆を使い、模様の形に金箔をはって完成します。

山本 Akane Yamamoto

写真:山本 茜

ガラスとガラスの間に截金を施し、融着して截金の文様を閉じ込める。 截金(金箔や銀箔・プラチナ箔を数枚焼き合わせ、細く直線状に切ったものを筆と接着剤を用いて貼り、文様を表現する技法)を、透明な「ガラス」の中に浮かべ、空間に独立させた【截金ガラス】を用いて作品を制作。 ガラスの中を浮遊する截金は、ガラスの反射・屈折という光学的特性により、万華鏡のように無限の文様を描き出す。