荒川 文彦

乾漆八角盛器「宇宙へ」 カンシツハチカクモリキ「ソラヘ」

  • 漆芸
  • 2017年発表
  • 高さ10.0 x 幅31.0 x 奥行31.0 cm
  • 価格はお問合せください

分野 漆芸
発表年 2017
サイズ 高さ10.0 x 幅31.0 x 奥行31.0 cm
展覧会 第64回日本伝統工芸展

  • 乾漆

    粘土で形を作り、その形を石こうで型にします。型に麻布を必要とする厚さに漆で貼り重ねて、型からはずして形を作ります。その後、さらに漆を塗って仕上げます。
    麻の繊維は漆がしみこむと強くなるので、丈夫で自由な形を作るのに適しています。

荒川 文彦 Fumihiko Arakawa

写真:荒川 文彦

漆本来の艶を生かして、塗り立て技法にて仕上げ、金、銀の金属線を用いての装飾を施す。