石原 雅員

彫漆格子縞文小簞笥 チョウシツコウシジマモンコダンス

  • 漆芸
  • 2015年発表
  • 高さ21.5 x 幅24.0 x 奥行15.0 cm
  • ¥2,200,000

    ギャラリージャパンでの作品の価格は、作家が自ら決めた価格をそのまま掲載しています。

    ※ 税込み・送料別

今回の作品は、箱の開き方を工夫し、開く角度により意匠の見え方が変化し、模様がどの角度で 開いても繋がるように考えました。新たに丁番を制作し、箱の側面4箇所に付け、全部開くと桐材の箪笥部分と堆漆板と象牙による把手の意匠が際立つよう工夫しました。
素地は木曽檜を使い、丁番金具が入る部分は黒の堆漆板が檜材に臍加工により象嵌されています。これにより、丁番金具が何度でも取り外しが出来、素地から下地、加飾までの本体の精度の良さに寄与しています。
加飾方法は塗り重ねた厚さ0.8ミリの紺色と黒色の漆の板を交互に貼り合わせた部分
更に中心部分は、厚さ0.8ミリの白蝶貝と厚さ0.8ミリの黒色の漆の板を交互に貼り合わせ、箱全体の意匠に用いました。

分野 漆芸
発表年 2015
制作期間 7ヶ月
サイズ 高さ21.5 x 幅24.0 x 奥行15.0 cm
材質 木曾檜 麻布 漆 白蝶貝
展覧会 第62回日本伝統工芸展

石原 雅員 Masakazu Ishihara

写真:石原 雅員

私の仕事は、日本の伝統工芸の一つ、漆工芸です。漆が生活の中に使われ出した約6000年前から現代に至る長い間、その技術は工芸美術として確立されるまで発展してきました。そしてこれからの未来今までにない新しく斬新な漆工芸はできないかと考えています。私の仕事のスタイルは伝統工芸の高い技術を使いながら現代生活の中で美しく機能する作品造りを目指しています。