山本 雄一

備前緋襷大平鉢 ビゼンヒダスキオオヒラバチ

  • 陶芸
  • 2014年発表
  • 高さ10.0 / 径51.0 cm
  • 価格はお問合せください

分野 陶芸
発表年 2014
サイズ 高さ10.0 / 径51.0 cm
展覧会 第61回日本伝統工芸展

  • 備前焼

    備前焼は、岡山県備前市周辺でつくられている焼締陶器です。釉薬がのりにくい性質のヒヨセと呼ばれる粘土を使い、釉薬を使わずに高温で長時間焼き締めるため、土そのものの味わいが生かされたやきものに仕上がります。窯への詰め方や焼成時の炭や灰などの工夫により変化に富んだ模様が生み出され、ひとつとして同じ陶器にはならないことが魅力です。

山本 雄一 Yuichi Yamamoto

写真:山本 雄一

茶入、茶盌、水指など茶陶を中心に、ガス窯による緋襷の焼成、緋紋の技法を完成 タタラ造りによる花器など…