新庄 貞嗣

萩茶碗 ハギチャワン

  • 陶芸
  • 2014年発表
  • 非売品

分野 陶芸
発表年 2014
展覧会 第61回日本伝統工芸展

  • 萩焼

    萩焼は山口県萩市、長門市、山口市を中心に作られている陶器です。大道土(だいどうつち)、金峯土(みたけつち)、見島土(みしまつち)など茶陶に適した土を使ってつくられます。絵付けなどの装飾はほとんどおこなわれず、土の風合いが魅力のひとつです。

新庄 貞嗣 Sadatsugu Shinjo

写真:新庄 貞嗣

1657年、大津郡深川村三ノ瀬の焼物所が新設されたとき、藩命で惣都合〆を任じられた山村平四郎光俊に従って萩から移住した弟子筋の一人、赤川助右衛門の家系(明治になって新庄と改姓)に生まれ育った。 1977年に東京藝術大学大学院彫刻専攻を修了、京都市工業試験場での研修を経て帰郷。1983年には日本工芸会正会員に。その当初は、量塊感を追求した陶筥や、空間表現を器物の造形に取り込んだ台皿など、彫刻的視点に立った大型作品を制作していたが、平成以降は深川萩の伝統性を喚起する茶陶の制作を研究。簡潔な碗成りや輪形(りんなり)の茶碗に優れた作例が多く、茶人のみならず陶芸愛好家や研究者の声価も高い。