文彦 カツ フミヒコ

  • 七宝
  • 1952 -
勝 文彦

伝統の有線七宝の技法を使い、大胆な造形感覚あふれる蓋物や合子、香合などの制作をしています。

所属 日本工芸会正会員
  • 1952 神奈川県鶴町に生まれる
  • 1981 日本現代工芸美術展出品(~1996年)
  • 1986 日展初入選(以後、88年、89年、90年に出品)
  • 1992 ドイツで開催された『現代日本工芸展』に出品(フランクフルト工芸美術館)
  • 1993 日本七宝作家協会国際展に招待出品
  • 1994 世紀を超えるクラフト展”技と感性の冒険者たち" (京都1200年記念)招待出品
  • 1995 神奈川県美術展 審査員
  • 1997 伝統工芸新作展 伝統工芸第七部会展初入選
  • 1998 日本伝統工芸展初入選
  • 2002 日本工芸会正会員認定
  • 2010 東日本伝統工芸展 鑑査委員

  • 1984第20回記念神奈川県美術展(全国公募) 特別奨励賞 受賞
  • 1986日本現代工芸美術展 現代工芸賞 受賞
  • 1988神奈川県美術展 美術奨学会賞 受賞
  • 2000伝統工芸部会展 文化庁長官賞 受賞
  • 2001伝統工芸新作展 日本工芸会賞 受賞
  • 2002伝統工芸部会展 日本工芸会賞 受賞
    伝統工芸新作展 日本工芸会賞 受賞
  • 2009東日本伝統工芸展 岩手県知事賞 受賞

おおよその価格帯

¥ 500,000 - 1,000,000

ギャラリージャパンでの作品の価格は、作家が自ら決めた価格をそのまま掲載しています。

掲載作品 12