人間国宝(重要無形文化財保持者) 勝城 蒼鳳 カツシロ ソウホウ

  • 木竹工
  • 1934 - 2023
勝城  蒼鳳

近年は、主に「編み」の技法を駆使して、花かごや盛りかごの制作を多く行う。同じ作品の注文は受けず、1つの作品の制作に半年から1年をかける。一貫して栃木県北地域に作品のモチーフを求め、材料も地元の竹を使用。

所属 日本工芸会参与
ステータス 人間国宝(重要無形文化財「竹工芸 」の保持者)
  • 1934 栃木県那須郡高林村(現、那須塩原市箕輪)に8人兄弟の末子として生まれる
  • 1949 中学卒業後、竹製農具などの政策に携わる(~1965)
  • 1965 竹工芸作家・八木澤啓造に師事(~1967)
  • 1968 竹工芸作家・斎藤文石に師事(~1973)
    第15回日本伝統工芸展初入選
  • 1972 公益社団法人日本工芸会正会員
  • 1985 「竹の工芸-近代における展開」展招待出品(主催・東京国立近代美術館)
  • 1990 第37回日本伝統工芸展鑑査委員(計3回歴任)
  • 2003 「日本伝統工芸展50年記念展 わざの美」招待出品(主催・日本工芸会、NHK、朝日新聞社)
    「竹の造形-ロイド・コッツェン・コレクション」展出品(主催・日本経済新聞社)
  • 2006 第53回日本伝統工芸展審査委員
  • 2009 第49回東日本伝統工芸展鑑・審査委員
    第12回伝統工芸木竹展鑑・審査委員
  • 2012 第5回おおたわら美術館「Second Nature-勝城蒼鳳の表現-」展(主催・大田原市)
    パリ及び米ニューヨークでの「JAPAN NEXT EXHIBITION of Fine Arts」に千筋曲線文盛籃「谺」招待出品(主催・内閣官房知的財産戦略推進事務局)
  • 2013 工芸技術記録映画「竹工芸-勝城蒼鳳のわざ―」(企画・文化庁、制作・毎日映画社)
  • 2014 「竹のめざめ 栃木 竹工芸の精華展」及び対談+ギャラリー・トーク(栃木県立美術館)
  • 2016 「ぬくもりの表現-次世代へつなぐ心と技-」(神宮美術館)
  • 2017 「竹工芸の人間国宝 勝城蒼鳳展」(井原市立田中美術館)
    国宝薬師寺東塔平成大修理奉賛「平成の至寶八十三選」千筋曲線文盛籃(奉納)
  • 2020 「竹の息吹き―人間国宝 勝城蒼鳳と藤沼昇を中心に」(栃木県立美術館)

  • 1983第30回日本伝統工芸展東京都知事賞(優秀賞)
  • 1997第44回日本伝統工芸展NHK会長賞(優秀賞)
  • 1998紫綬褒章
  • 2005重要無形文化財保持者「竹工芸」
    栃木県文化功労者
    大田原市名誉市民

  • 井原市立田中美術館
  • 那須塩原市那須野が原博物館
  • MOA美術館
  • 文化庁
  • 薬師寺(奈良)
  • 神宮美術館(三重)
  • サンフランシスコ・アジア美術館
  • 栃木県大田原市
  • ボストン美術館
  • 栃木県立美術館
  • ミネアポリス美術館
  • メトロポリタン美術館
掲載作品 12