人間国宝(重要無形文化財保持者) 五代 伊藤 赤水 いとう せきすい

  • 陶芸
  • 1941 -
五代 伊藤 赤水

佐渡金銀山の金鉱脈近くから産出され、無名異と称される赤褐色の粘土を素材として、二百余年の間この地に於いて焼き継がれている陶器を無名異焼と云う。
赤水窯は天保年間に伊藤富三郎(羽口屋甚兵衛)によって開窯された伝統窯である。その孫富太郎は伊藤赤水と号し以後、二代、三代、四代と代々赤水を襲名してきた。
この間、国内外の展覧会・博物会等に於いて受賞を重ねる一方、宮家の御買上げを賜る栄に度々浴した。
当代は昭和五十二年、五代伊藤赤水を襲名。日本伝統工芸展、日本陶芸展、海外展等で受賞を重ね、平成十五年国の重要無形文化財保持者(人間国宝)となる。

所属 日本工芸会正会員
ステータス 人間国宝(重要無形文化財「無名異焼 」の保持者)
  • 1966 京都工芸繊維大学窯業工芸学科卒
  • 1972 第19回日本伝統工芸展入選、以降入選
  • 1973 第2回日本陶芸展入選、以降入選
  • 1976 日本工芸会正会員に推さる
  • 1977 5代 伊藤赤水を襲名
  • 1980 日華陶芸展招待出品(台湾)
  • 1981 米国ワシントン・国立スミソニアン博物館及び英国国立ビクトリ・アンド・アルバート美術館に於る「日本現代陶芸展」招待出品
  • 1982 NNS主催くらしのやきもの展招待出品
    第7回アジア芸術祭・現代日本陶芸展招待出品(香港)
    第1回「全日本伝統工芸選抜作家展」招待出品、以降出品
  • 1983 国立近代美術館主催「伝統工芸30年の歩み展」に招待出品
    「現代日本の陶芸」第9巻講談社刊収録
  • 1985 日本陶磁協会主催の現代陶芸選抜展に招待出品、以降出品
  • 1987 伝統工芸新作展鑑審査委員
    国際交流基金主催「現代日本伝統陶芸展」(世界各国巡回展)招待出品
  • 1989 日本陶芸展推薦出品、以降推薦出品
    伝統工芸新作展鑑審査委員
    「現代の日本陶芸」淡交社刊に収録
  • 1990 伝統工芸新作展監鑑査委員
    滋賀県立陶芸の森 陶芸館 開設記念展 招待出品
    平成陶芸の全貌と展望展
  • 1991 伝統工芸新作展無鑑査出品、以降無鑑査
  • 1992 秋篠宮殿下御買上げ
  • 1993 中央公論社刊「日本の陶磁・現代篇」に収録
    皇太子妃雅子様御成婚のお祝いとして新潟県より小和田家へ「無名異窯変壺」が贈られる
    米ニューヨークにおける「現代日本の陶芸」展に出品される(米国バークコレクションより )
  • 1994 伝統工芸新作展鑑審査委員
    英国国立ビクトリア・アンド・アルバート美術館「無名異窯変壺」買上げ
  • 1995 英国にて出版された「現代日本工芸・伝統と前衛」に無名異窯変壺、掲載される
    ブランシェット・ロックフェラー奨学基金募金オークション作品出品
    ニューヨーク・ギャラリー第1アートでの鉢展に練上鉢出品(ニューヨーク、マンハッタン )
    英国国立ビクトリア・アンド・アルバート美術館に於る「日本のスタジオクラフト・伝統と前衛」に招待出品
  • 1996 NHK衛星放送「やきもの探訪、伊藤赤水」が収録、放送される
  • 1997 NHK「やきもの探訪展」出品
    新潟日報社主催「伊藤赤水」赤と炎の世界作陶30周年記念展
  • 1998 伝統工芸新作展鑑審査委員
  • 1999 日本伝統工芸展鑑審査委員
    新潟県知事表彰(芸術文化部門)
  • 2001 伝統工芸新作展の鑑審査委員
  • 2003 日本伝統工芸展50年記念展招待出品
    重要無形文化財保持者(人間国宝 )に認定される
    新潟日報社主催 人間国宝 伊藤赤水 認定記念展
    日本工芸会参与就任
    天皇皇后両陛下に拝謁
    於 天皇宮殿 蓮翠 重要無形文化財保持者お茶会
    両陛下へ平山新潟県知事より宮内庁官湯浅利夫氏を通じ「無名異練上花紋香炉」献上される
    日本陶芸展 招待 以降招待
  • 2004 日本伝統工芸展審査委員
    相川町名誉町民
    文化庁主催「日本のわざと美」展招待 各地巡回
  • 2005 紫綬褒章 受章
    文化庁主催「日本のわざと美」展全国巡回
  • 2006 制度制定50年記念 人間国宝展 NHK主催(高島屋)全国巡回
    人間国宝「今」展(三越)
  • 2007 大英博物館主催「わざの美 伝統工芸 50年」展(英国)
    日本伝統工芸展監査委員
    新作陶芸展審査委員長
  • 2008 「日本の名匠 その技と美」無名異 伊藤赤水 BS・iで放映
  • 2009 日本伝統工芸展鑑審査委員
    皇太子殿下へ泉田新潟県知事より「無名異練上皿」献上される
  • 2010 佐渡市名誉市民
    京都工芸繊維大学名誉博士
  • 2011 旭日小綬章
    日本の現代陶芸~伝統と新風の精美(瀬戸市美術館)
    工芸館名品展(福井県陶芸館)
  • 2012 伊勢神宮国宝展
    熱田神宮国宝展
  • 2013 日本伝統工芸展60回記念「工芸からKOGEIへ」(東京国立近代美術館)
  • 2014 イタリア フィレンツェ ヴェッキオ宮殿 於
    「日本近代工芸の精華」展
    「人間国宝展 生みだされた美・伝えゆく わざ」(東京国立博物館)
    日本伝統工芸展監査委員
    新作陶芸展審査委員長
  • 2015 記録映画「無名異焼 5代 伊藤赤水のわざ」文化庁製作
  • 2017 ニューヨークマンハッタン、ギャラリー 於
    個展「レッドソイル」開催
  • 2018 メトロポリタン美術館所蔵の作品「無名異練上線紋大鉢」が「日本現代陶芸の歴史的背景」展(Contemporary Japanese Ceramic in Historical)の中で2018年11月~2020年まで陳列される

  • 1980第20回伝統工芸新作展奨励賞 受賞
    第27回日本伝統工芸展奨励賞 受賞
  • 1985第8回日本陶芸展にて最優秀作品賞・秩父宮賜杯を受ける
  • 1987日本陶磁協会賞・受賞
  • 1997第44回日本伝統工芸展に於いて高松宮記念賞 受賞
    受賞作品文化庁買上げ
  • 1998新潟日報文化賞(芸術部門)受賞
  • 2004「ジャパン・プラス」(海外向け政府広報誌)デザインコンペティションにおける特別賞受賞

  • 文化庁
  • 東京国立近代美術館
  • 国際交流基金
  • 外務省
  • 農林水産省
  • 中小企業金融公庫
  • 伊勢神宮
  • 伊勢神宮外宮神楽殿
  • 茨城県立陶芸美術館
  • 兵庫県立兵庫陶芸美術館
  • 新潟県庁
  • 新潟県立近代美術館
  • 新潟市
  • NHK新潟放送局
  • 敦井美術館
  • 新津記念館
  • 雪梁舎美術館
  • 知足美術館
  • 佐渡美術館
  • 佐渡相川郷土美術館
  • 英国国立ビクトリア・アンド・アルバート美術館
  • 米国バーク・コレクション
  • 米国ワシントン・国立スミソニアン博物館
  • 米国ニューヨーク・メトロポリタン美術館

おおよその価格帯

¥ 3,000,000 - 5,000,000

ギャラリージャパンでの作品の価格は、作家が自ら決めた価格をそのまま掲載しています。

掲載作品 60