斎藤 孝子 サイトウ タカコ

  • 染織
  • 1942 -
斎藤 孝子

草木・花をモチーフとして、日本の細やかな季節感を着物や帯に型絵染で表現している。様々な作業工程を作家が一貫してすることにより、高い創作性を保持するよう勤める。

所属 日本工芸会正会員
日本工芸会 東日本支部神奈川研究会 会長
斎藤孝子型絵染教室主宰
  • 1965 東京芸術大学美術学部工芸科卒業後、5年間染色工房に勤務
  • 1970 作家活動を開始
    日本橋三越美術ギャラリーにてグループ展・個展等、開催
  • 1980 大塚テキスタイル専門学校、文化学園大学、東京芸術大学で染色講師を勤めながら、
    日本工芸会の各公募展に作品発表(~2008)
  • 1989 日本工芸会正会員となる
  • 2005 斎藤孝子型絵染教室を主宰
    現在に至る

  • 1998第32回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「菊畑」工芸会賞
  • 2003第43回 伝統工芸新作展 型絵染着物「華苑」東日本支部賞
  • 2006第40回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「梅日和」東京都教育委員会賞
  • 2007第41回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「春の詩」日本工芸会会長賞
  • 2008第42回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「初夏の頃」山陽新聞社賞
  • 2010第44回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「合歓木の花」文化庁長官賞
  • 2021第55回 日本伝統工芸染織展 型絵染着物「野アザミ文」大丸松坂屋賞
掲載作品 14