川井 明美 カワイ アケミ

  • 陶芸
  • 1956 -
川井 明美

透し、面取り、手びねり等、種々の技法で面白く、楽しく、美しいものを創っています。食器類は軽く使い心地が良い物、花入等は花が花入と一体となって自然な「美」となるものをと製作。
こだわりの備前陶土(ヒヨセ)で10昼夜、松割木で焼くので、赤い色が美しい。
「一意専心」心を込めて、思いを込めて、丁寧に創っています。

所属 日本工芸会準会員
備前焼陶友会
日本工芸美術家連盟会理事、審査員
  • 小西陶古の孫
    武蔵野美術短期大学卒業
    岡山県工業試験場 陶芸センター研修
    金井春山先生 松井興之先生 師事
  • 1978 女流陶芸展 入選(以後11回)
  • 1980 一水会陶芸展 入選(以後8回)
  • 1994 花のうつわ展 特選(以後7回)
  • 1995 日清食品めん鉢大賞展 入選
  • 1997 花のうつわ展 無鑑査
    東京ドーム・テーブルウェアフェスティバル 全国秀作作家選抜展 招待出品
  • 2006 日本伝統工芸中国支部展 入選(以後2019年まで10回)
  • 2010 第57回日本伝統工芸展 入選
  • 2015 イタリア・ミラノ万博協賛出品
  • 2016 イタリア・ミラノ・サローネ 選抜出品(人気投票 60点中7位)
  • 2019 「現代日本陶芸のデザインと技法2019」展 選抜出品
  • 2020 日本伝統工芸中国支部展 入選
    横浜そごうにて作陶展

  • 1996花のうつわ展 大賞(以後3回)
  • 1998女流陶の彩典 奨励賞
  • 2009創彩会展 石巻市長賞
  • 2010創彩会展 秀作賞
  • 2011女流陶芸展 京都府知事賞

おおよその価格帯

¥ 10,000 - 500,000

ギャラリージャパンでの作品の価格は、作家が自ら決めた価格をそのまま掲載しています。

掲載作品 28