人間国宝(重要無形文化財保持者) 宮本 貞治 ミヤモト テイジ

  • 木竹工
  • 1953 -
宮本 貞治

指物及び刳物の技法で制作した作品の表面に施した稜線が光源の位置と拭き漆の艶と見る角度の3要素によってさまざまな表情に変化して見える表現が特徴である。

所属 日本工芸会正会員
滋賀県指定無形文化財保持者
京都美術工芸大学 特任教授
ステータス 人間国宝(重要無形文化財「木工芸 」の保持者)
  • 1953 京都市に生まれる
  • 1984 滋賀県湖西に工房を構える
    日本伝統工芸展 初入選
  • 1986 京都工芸美術選抜展 京都府買上
  • 1988 日本伝統工芸会 正会員認定
  • 1997 東京日本橋三越本店にて個展
  • 2004 滋賀県指定無形文化財保持者として認定
  • 2005 名古屋松坂屋本店にて個展開催
  • 2013 京都美術工芸大学 教授就任
    紫綬褒章受章

  • 1985日本伝統工芸近畿展 日本経済新聞社賞
  • 1986日本伝統工芸近畿展 日本工芸会近畿支部長賞
  • 1987日本伝統工芸近畿展 日本工芸会賞
    京都工芸美術展 大賞
  • 1990「明日への茶道美術公募展」鵬雲斎千宗室家元奨励賞
  • 1991日本伝統工芸近畿展 京都新聞社賞
  • 1995日本伝統工芸近畿展 日本伝統工芸近畿賞
    日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞(2010)
  • 1996伝統工芸木竹展 朝日新聞社賞
  • 1997第7回秀明文化賞
  • 1998伝統工芸木竹展 東京都教育委員会賞(2000)
  • 2003日本伝統工芸展 第50回展記念賞
  • 2009伝統工芸木竹展 文化庁長官賞
  • 2012日本伝統工芸展 日本工芸会保持者賞
    滋賀県文化賞
  • 2014大津市文化特別賞
掲載作品 13