岡田 勝之

栓 鞄 セン カバン

  • 木竹工
  • 2019年発表
  • 高さ28 x 幅28 x 奥行8.7 cm
  • 非売品

表はシックな生成りのような木目ですが、裏にはレースのような木目が入っている、決して華美ではないですが、女王様のような格を持つハンドバッグです。
また、こちらは非常に高価ですが、これはこの作品が曲げ加工に寄るものではなく、削り出し加工によって製作されたためです。
熟練の指物大工である三代目が「麗しい曲線を出すのが非常に難しかった」と言っていることから、相当にレベルの高い作品なのが伺えます。

使用した木材は栓(せん)という木で、ハリギリ、センノキ等ともいわれています。樹木に詳しい方なら、テングウチワという名に馴染みがあるかもしれません。
こちらは家具やギター、変わったところでは賽銭箱などに使われており、肌目は粗いのですが光沢と年輪の木目が美しく、海外の木であるホワイトアッシュによく似ていると言われています。
そのためか海外でも人気の木材で、「sen」という名で輸出されているようです。

なお、裏側に「さりげないレース模様」があります。
これは樹皮と材木部分の境目にある木目模様で、最初見たときに「レースのようだ」というところから、ハンドバッグにするという着想を得たようです。
ただ、先ほども述べさせていただいたように、一枚板を削り出し、レースの模様が一番美しく出るように、また女性らしいふっくらとしたラインを出すために、非常な根気が求められた作品のため、やや高価になっております。

しかしながら、2019年の展覧会では画廊のオーナーの一押し作品となり、非常に気に入っておられました。
また、当時小学6年生の孫(女子)が「かわいい!!」と手放さなかったという話もあり、年代を選ばず女性人気が高いようです。

ひと世代だけではなく、お婆さまから子供、孫と何代にもわたって使って頂ける、品格のある作品だと自負しております。

なお、昔ながらの指物の技術を使用しておりますので、蝶番および留め具の部分以外の金物は一切使用しておりません。また、着色も一切しておらず、無垢のままです。

分野 木竹工
発表年 2019
サイズ 高さ28 x 幅28 x 奥行8.7 cm
材質 栓(せん)
取り扱い方法 透明な塗装加工を行っておりますので、防水性がございます。
ただし、急な加熱(エアコン直下の設置や、熱したやかんや鉄瓶等の設置)や、鋭い刃物等の使用、ハンマーなどの衝撃により、本体の木材に悪影響を及ぼし破損の原因となります。また、薬品(マニュキュアなど)で塗装が剥がれ落ちることがあります。
等々、ご注意くださいませ。

なお、木材は加工後も水分を吸収・排出するため運ぶ地域によって膨張・収縮が起こります。例えば、山陽地方から山陰地方間の移動でも湿気の割合が変わるため、ひずみが発生します。
僅かなひずみですが、これにより家具のmmレベルでの調整部分に不具合が発生します。
これは木であるが故に発生することですので、どうぞご承知おきください。

なお、何かありましたら遠慮なくご連絡いただければと思います。

岡田 勝之 Katsuyuki Okada

写真:岡田 勝之

作風は一言でいうと「変幻自在」。 「これだ!」と固定されるのを非常に嫌うという性分からか、豪胆な男性らしいものから、細やかで柔らかい女性らしさ溢れる作品まで、幅が広い。 彼は、自分の楽しみのために作品を作っている。