雨宮 彌太郎

双奏硯 ソウソウケン

  • 2017年発表
  • 高さ5.0 x 幅21.1 x 奥行32.4 cm
  • 価格はお問合せください

分野
発表年 2017
サイズ 高さ5.0 x 幅21.1 x 奥行32.4 cm
展覧会 第64回日本伝統工芸展

  • 硯は、筆を使って文字を書くための墨をする用具で、墨をすりながら心を落ち着かせる大切な文房具でもあります。材料の石から硯となる形に大まかに切り出し、長い柄のノミを使って、墨をするたいらな部分や墨がたまるくぼみを彫って形を作ります。完成した形に漆やロウを塗って仕上げます。
    山梨県の雨畑石(粘板岩)や山口県の赤間石(輝緑凝灰岩)、愛知県の鳳来寺石(頁岩、粘板岩)などが代表的な石です。

雨宮 彌太郎 Yataro Amemiya

写真:雨宮 彌太郎

硯は単に墨をするための道具ではなく、墨をすりながら心を鎮め、自分と向き合うためのものである。 硯を「精神の器」ととらえ、そこに現代の表現としての可能性を感じている。 素材を生かしたシンプルな「かたち」の中に、現代彫刻としても成立しうる造形を追求している。