小林 佐智子

風通織木綿着物「春うらら」 フウツウオリモメンキモノ「ハルウララ」

  • 染織
  • 2016年発表
  • 非売品

分野 染織
発表年 2016
展覧会 第63回日本伝統工芸展

  • 風通織

    織物の表裏にそれぞれ異なる経糸(たていと)を使って二重組織にする二重織の技法。二重組織となっているため表裏の文様が反対の配色になります。二重になっている中を風が通るという意味から風通という名前が付けられました。

小林 佐智子 Sachiko Kobayashi

写真:小林 佐智子

細番手の木綿糸を使い、風通織といわれる二重織りで心象風景を表現する。色は草木染、表裏入れかわる色の組み合わせで、線やモザイク柄をデザインする(例えば10色の色をたて、よこに配色すると10×10=100で100色の色があらわれる)