天野

欅拭漆七稜盛器 けやきふきうるししちりょうもりき

  • 木竹工
  • 2015年発表
  • 高さ3.8 x 幅42.0 x 奥行42.0 cm
  • 価格はお問合せください

分野 木竹工
発表年 2015
サイズ 高さ3.8 x 幅42.0 x 奥行42.0 cm
展覧会 第62回日本伝統工芸展

  • 拭漆

    拭漆とは、木地の表面に薄く漆を塗って仕上げる技法です。へらなどで漆を塗って綿布で摺り込み、余分な漆を和紙やきれいな布で拭き取ります。この工程を何度も繰り返すことで、木目がくっきりとし木肌も深みを増します。

天野 Yutaka Amano

写真:天野 豊

欅をはじめとする個性的な銘木の魅力に導かれて、ものづくりをしています。 造形における線と自然が造り出す杢の美しさ、両者が生きるものをめざしています。