河野 行宏

栃縮杢器「椿」 とちちぢみもくうつわ「つばき」

  • 木竹工
  • 2015年発表
  • ¥495,000

    ギャラリージャパンでの作品の価格は、作家が自ら決めた価格をそのまま掲載しています。

    ※ 税込み・送料別

栃の美しい縮杢を使い、木と漆の良さを生かした器をと考えました。
形は椿をイメージとして、挽物技法と刳物技法を併用し成形。
また腰の部分には銀線を象嵌してアクセントとしました。
全体的には拭漆技法にて仕上げています。

分野 木竹工
発表年 2015
サイズ備考 (大)奥行21.5 幅27.0 高7.0 (小)奥行11.0 幅14.4 高5.4 cm
展覧会 第62回日本伝統工芸展

河野 行宏 Yukihiro Kono

写真:河野 行宏

銘木と言われる美しい木の塊を刳り抜き、形と杢目の調和の美を追求する。又その仕上げには漆を使い、その色合いや艶等が木と融合し人の心を癒すようなものづくりを目指しています。