古谷 禎朗

黒胡桃漆卓 くろぐるみうるししょく

  • 木竹工
  • 2014年発表
  • 高さ31.0 x 幅106.0 x 奥行49.0 cm
  • 販売済

材料は、狂いが少ない北米産黒胡桃である。この作品の注目すべき特徴は、「摩り」という技法を用いて天板と脚、脚と貫を一体化させているところである。この摩り仕事のために、厚さ6cm程の材から形を削り出している。拭漆も全体を組んでからの作業となり、手間を要した力作である。

分野 木竹工
発表年 2014
サイズ 高さ31.0 x 幅106.0 x 奥行49.0 cm
材質 ウォールナット
展覧会 第43回日本伝統工芸近畿展
受賞 松下幸之助記念賞