大谷 早人

籃胎蒟醤短冊箱「連」 ランタイキンマタンザクバコ「レン」

  • 漆芸
  • 2009年発表
  • 価格はお問合せください

分野 漆芸
発表年 2009
展覧会 第51回日本伝統工芸展

人間国宝(重要無形文化財保持者) 大谷 早人 Hayato Otani

写真:大谷 早人

私は真竹のヒゴで編み上げた素地の上に蒟醤技法でデザインを施した漆芸作品を作り続けております。 素地、加飾技法ともに香川県に古くから伝わり、受け継がれてきた技であり、私の作品を通じて後世に伝えていければと考えております。デザインとしては、主に身近な草花や昆虫たちの一瞬の美しさを切り取ったイメージを図案化する事が多いです。 また、2010年より3年ごとに開催される瀬戸内国際芸術祭では、私の実家を使い、建築と漆を融合させた「漆の家」として再生、展示し、香川県だけにとどまらず、日本の伝統文化である漆芸の持つ可能性についてアピールの場として、国内外の方々から好評を頂いております。機会があれば、ご来場ください。