島崎 敏宏

古彩木画箱 コサイモクガバコ

  • 木竹工
  • 2004年発表
  • 高さ9.8 x 幅25.7 x 奥行19.4 cm
  • 価格はお問合せください

分野 木竹工
発表年 2004
サイズ 高さ9.8 x 幅25.7 x 奥行19.4 cm
展覧会 第51回日本伝統工芸展

  • 木画

    木画とは、数ミリの薄さに切り出した木材を長方形や三角形などのパーツにし、作品の胎(ボディ)となる板に貼り合わせて文様をつくる装飾技法です。多い時には1,000枚以上の小さなパーツを、木目がずれないように貼り合わせて文様をつくりだすこともあります。

島崎 敏宏 Toshihiro Shimazaki

写真:島崎 敏宏

江戸指物特有の御蔵島産桑材を使用した作品作りを主体としています。又、本来の江戸指物技術である指し口(枘組み)を適所に使い分け、有らゆる銘木を選別し生活になごみが出るような木工芸品作りを基本に考えています。