山田 勘太

乾漆蓋物「夕凪」 カンシツフタモノ「ユウナギ」

  • 漆芸
  • 2013年発表
  • 高さ12.5 x 幅25.0 x 奥行18.0 cm
  • 販売済

分野 漆芸
発表年 2013
サイズ 高さ12.5 x 幅25.0 x 奥行18.0 cm
展覧会 第60回日本伝統工芸展
受賞 日本工芸会新人賞

  • 乾漆

    粘土で形を作り、その形を石こうで型にします。型に麻布を必要とする厚さに漆で貼り重ねて、型からはずして形を作ります。その後、さらに漆を塗って仕上げます。
    麻の繊維は漆がしみこむと強くなるので、丈夫で自由な形を作るのに適しています。

山田 勘太 Kanta Yamada

写真:山田 勘太

作品のモチーフは身の回りの自然から美しいと感じた情景や形をもとに制作しています。技法は麻布を漆で固めてボディーをつくる乾漆技法を主に制作をしております。