熊本 義泰

青磁方形麦文鉢 セイジホウケイムギモンハチ

  • 陶芸
  • 2013年発表
  • 高さ14.0 x 幅50.0 x 奥行37.0 cm
  • 価格はお問合せください

分野 陶芸
発表年 2013
サイズ 高さ14.0 x 幅50.0 x 奥行37.0 cm
展覧会 第60回日本伝統工芸展

  • 青磁・青瓷

    青磁とは、鉄分を含んだ釉薬が還元炎(焼成時に酸素の供給を抑えた状態の炎)によって、薄い青緑色に発色した陶磁器のことをいいます。磁土でつくられたものを青磁、陶土でつくられたものを青瓷と区別することもあります。

熊本 義泰 Yoshihiro Kumamoto

写真:熊本 義泰

日本伝統工芸展(25回入選)を中心に作品の発表をいたしています。初期は天目、その後青磁を作陶、耀州窯(中国・宋時代)系の青磁を主に作陶し現在に至っています。