新田 紀雲

紫檀木象嵌手箱 シタンモクゾウガンテバコ

  • 木竹工
  • 1990年発表
  • 高さ12.0 x 幅32.0 x 奥行15.0 cm
  • ¥4,400,000

    ギャラリージャパンでの作品の価格は、作家が自ら決めた価格をそのまま掲載しています。

    ※ 税込み・送料別

第37回日本伝統工芸展出品作品
シャム紫檀の柾目を使いシャム黄楊を内貼りした台合わせの被蓋造りの手箱。
加飾には同じくシャム黄楊を象嵌し黄楊の線の密度を変えることで、天の川を表現した。
仕上げは椋の葉で磨き上げ光沢を出す。

分野 木竹工
発表年 1990
サイズ 高さ12.0 x 幅32.0 x 奥行15.0 cm
取り扱い方法 1. 作品の保管場所
  * 乾燥のきつい場所や湿度の高い場所での保管は避けてください。
  * 直射日光や紫外線には避けてください。脱色する恐れがあります。
2.  作品の手入れ
  * 拭き漆仕上げの作品は汚れた時はぬるま湯で汚れを取り空拭きをしてください。
     (注) 強く擦らないでください。漆が剥がれる恐れがあります。
  * 木地仕上げの作品は空拭きのみにしてください。手持ちにイボタの花があればこれで
     拭き込んでください。

   
備考 箱付き

新田 紀雲 Kiun Nitta

写真:新田 紀雲

主に素材として唐木[紫檀、黒檀、鉄刀木(タガヤサン)、花林]を使用し、伝統的な技を注ぎ黄楊による細線象嵌を施し近代的な作品に仕上げる。 サイドボードから茶杓まで数多くの作品を手掛ける。 2007年頃から自身の中に存在する想いを具現化し作品の中に生かす。